鶏胸肉より手羽元の方が安価だったのだが、筋肉的にはどうなのか?

ダイエット, 手羽元, 胸肉, 鶏肉

    みなさん、こんにちは。

    毎日鶏肉の繰り返し、PQTomです。

    鶏肉食べてますか〜〜!!!???

    私は毎日鶏肉をお口の中に放り込んでいます笑

    私が普段食している部位は、胸のお肉ですね。

    理由としては、

    安い、高タンパク、低脂質!!!(皮なしに限る)

    ただこれだけの理由です。

    もし、この部位が

    高い、低タンパク、高脂質

    だった場合絶対に口にはしないですね笑(当たり前ですね)

    私が食で気にしているこの3つの要素ですが、特に気にしている部分が

    値段!

    です。

    理由は簡単です。

    未だに苦労しているんですよ・・・。

    いくら社会人になったからと言っても、まだ新人。

    全然お手元には残らないんですよね。

    そんな私は安いものにしか手を出すべきではないんですよ。

    こんなケチくさい考えを持っている私が、なんと・・・

    鶏胸肉より安い部位を発見してしまった!?

    これはある意味事件でしたね。

    これまで、地上最安値のお肉と言えば鶏胸肉だと思っていたこの私の前に突如現れたお肉。

    それが

    手羽元

    です。

    って言われても正直ピンとこない人が多いのではないでしょうか。

    こやつのことです。多分みなさん見たことがあるかと思います。

    今回はこの手羽元について話していければと思います。

    手羽元 vs 胸肉

    これまで私の中で最強だった鶏胸肉といろいろと比較していきたいと思います。

    タンパク質

    まず、みんな大好きタンパク質についてです。

    胸肉についてですが、もうみなさんさすがにご存知ですよね。

    だいたい

    100gあたり20g[1]

    です。

    では、肝心の手羽元ですが、

    ざっと

    100gあたり17〜18gくらい[参照様々]

    みたいですね。

    正直そこまで胸肉との差はないように感じますね。

    同じ鶏肉なんでま〜そんなもんでしょう。

    脂質

    次に脂質についてですが、

    胸肉は

    100gあたり約1.5g(皮なし)[2]

    です。

    すみません。タンパク質時代と違うソースを使用してしまい・・・。

    こっちの方がインパクトがあるので笑許して

    で、手羽元はというと、

    100gあたり約12g[ソースはいろいろ]

    です。

    ただ、正直手羽元に関してはタンパク質も脂質もあまり信用できそうな情報はありませんでした。。。

    と、言うのも、やっぱり世間の主流は手羽先なので、手羽元で検索してもあんまりこれと言って情報が・・・。

    手羽元も皮が結構ついているので、そこを考えると胸肉と良い勝負になるのではないかと思います。

    私の結論

    私的な結論ですが、

    胸肉の勝利!

    です。

    別にヒイキしているわけではありません。

    皆様からすると、

    タンパク質量変わらない

    脂質量変わらない

    値段は少し手羽元の方が安い

    ってなると完全手羽元勝利だと思うでしょう。

    しかしそこに落とし穴があるんですよ。

    よく考えてください。

    手羽元には・・・

    デッカい骨!

    があるではありませんか。

    その分の量が2kgに取り込まれていると考えると・・・わかりますよね。

    値段的にも結果胸肉の方が食せる部分の量を考えるとお得ということになりますね。

    まとめ

    今回、鶏胸肉と鶏手羽元の対決をお届けしました。

    私が訪れた某スーパーで発生した衝撃の展開だったのでひょっとするとと思いましたが、

    やっぱりいろいろ考慮すると胸肉が勝利してしまうんですよね笑

    ただ、胸肉ばかりを食していると飽きてしまうので、金銭的に余裕があれば手羽元と行ったり来たりしても良いのでは(余裕がある人は牛を食べてるか笑)

    今更なんですけど、手羽元に骨があることくらいみんな分かってましたよね笑

    こいつ当たり前の事言ってやがると思った人もいるでしょう。私もこの記事を書きながらそう思いました。

    ま〜胸肉と手羽元、実際あんまり栄養的には変わらないということだけでもわかってくれればそれで良いです。

    明日からKFCかな笑笑

    ではこのへんで。

    でわでわ。

     

    参考資料

    [1]. 鶏胸肉, https://calorie.slism.jp/111219/, カロリーSlism

    [2]. 鶏胸肉皮無し, https://calorie.slism.jp/111220/, カロリーSlism