ストライキの朝は早いからまたフランスパン|マルセイユ旅行記2019

2020年6月28日ストライキ, フランス, フランスパン, マルセイユ

    フランスでのストライキに時間は関係なし。

    どんなに早くきても対応不可能です。

     

    みなさん、こんにちは。

    雷がすごくて泣きそう、PQTomです。

    こちら本日朝から、すごく悲しい気持ちになっております。

    雷好きな人いますか?逆に。

    アニメとかだったら、雷属性のキャラクターは大好きです。

     

    さて、前回ですが、

    昼間のマルセイユ裏路地に潜入して、ちょっぴり違う一面が垣間見れた回でした。

    マルセイユの良さは路地裏に|マルセイユ旅行記2019

    ではさっそく行ってこ〜

    ストライキからは逃げられず

    前回、お昼に散歩した後は、遅くまで仕事で就寝。

    この日は朝が早くの起床。

    朝が早すぎて、部屋も真っ暗、外も真っ暗でございます。

    早い理由は仕事の関係ですね。

    さっそく筋トレして、朝食、そしてお仕事に向かいます。

    ぬ?これはまさか?

    木材とタイヤが散乱しておる。

    で、車の前の門はしっかりしまっている。

    まじか〜〜〜〜

    始まった〜〜

    焚き火だ〜〜〜

    おいおい勘弁してくれよ。

    どうしてだよ〜

    ・・・はい。

    この時点でのお時間・・・7時!!!

    いやまじか!!??って思いましたね。

    どんだけ早い時間から君らストライキすんのよ。

    実は、前日にもしかすると今日ストライキが行われるかもしれませんという情報を得ていたので、こんなに早く来たのに。

    なんか現地職場の人達も、いつストライキが行われるのか把握ができないみたいなんですね。

    みんながみんなしてストライキを起こすわけではなく、ある一定の職種?の方々がこういうのは実行するようです。

    一応頑張れば中に入ることもできる状況ではあったみたいなのですが、さすがに何が起こるか分からないので、先には進めず。

    と、いうことは・・・はい。そういうことです。

    ホテル帰りま〜す〜〜〜

    フランスパンを買って。

    ストライキに遭遇したあとは何故かフランスパンを買って帰るのが日課になってしまったようです。

    こちら、前回フランスパンを買ったという記事の挙げたときには紹介していませんでしたが、

    フランスパンが美味しいお店です。THEフランスパン販売のお店。

    まとめ

    今回、朝めっちゃ早起きして、仕事に向かったのにも関わらず、結局地元のストライキと遭遇したので、またフランスパン買ってホテルに帰るというお話をしました。

    フランスってそんな何回もストライキを実施する国でしょうか。この時がただ特別だっただけなのか。

    海外に行く際は、そういう情勢もしっかり知っておくことが大事だなって考えされられる良い機会でしたね。ポジティブに。

    しっかり勉強しておきます。

    では、今回はこのへんで。

     

    でわでわ。