これぞ南国キッチンレストラン|シンガポール旅行記2019

2020年6月28日シンガポール, チリクラブ, ホテル, 南国

    みなさん、こんにちは。

    海外旅行は行くが国内飛行機旅行したことないから乗り方わからない、PQTomです。

    久しぶりに飛行機、国内線に乗るとこになりましたが、、、パスポートが何故かバックの中に。

    飛行機乗るのにパスポートが要らないってことに抵抗を感じるめっちゃウザい人、いません?それ私です。

    本日から北海道行ってきます。(3日前のお話)今の北海道って寒いのかな?大分薄着していますが大丈夫でしょうか。。。

    さて、前回、東南アジア感をちょっと感じられる野外フードコート、timbre+を紹介しました。

    野外ローカルフードコート|シンガポール旅行記2019

    今回も東南アジア感をちょっと感じれる内容になるかと思いまーす。いってみようー

    ホテルの上にあったものは

    昼食を終えて、仕事仕事。

    仕事終わって晩飯です。この繰り返しです。

    今回はマーライオンからちょっと離れた違った場所へ向かいます。

    辿り着いた先は

    オーチャード付近。

    オーチャードはシンガポールの中でもかなり栄えている歓楽街の地区で、ブランドショップが立ち並んでいるショッピングモールが有れば、レストランや地元料理が連なっていたりと、いろいろ混在している場所です。

    この辺りに佇んでいる

    ホテル ジェン タングリン シンガポール(HOTEL JEN By Shangri La)

    というホテルへ。

    オーチャードの中心部からはちょっと離れた場所に位置しています。(MRT オーチャード駅から徒歩で10分なので、全然離れてないですね。もはや中心部です。)

    ここの4階に行くと・・・

    見えてきました。

    アー・ホイズ・キッチン(Ah Hoi’s Kitchen)

    です。

    入れ口を進んでいくと、

    これぞ水色って言う水色をしたプールがお出迎え。

    ただのプールのはずなのに何故か神秘的にすら見える。

    こんなプールサイドでの晩飯となりました。

    こんなプールサイドで頂く今回の料理は〜

    チリクラブ〜

    どんだけチリクラブ食べるんだよってくらいチリクラブですね。

    ディナーもライツも楽しも〜ぜ|シンガポール旅行記

    前回、私のチリクラブを知らないって人はこのチリクラブ記事を見てください。

    チリクラブはチリクラブでも、前回のチリクラブとはちょっと違います。

    見た目でまず、

    カニがかなり割れた状態で出てきました。

    チリクラブは基本食べやすいように割ってくれてあるのですが、今回の方が大分パキパキだった気がします。

    味に関しては、こちらの方が濃い味付けでした。見た目からもわかるかな?

    濃い味と薄味どちらが好きかは人の好みですのでそこまで触れません。

    とりあえず言えるのは

    チリクラブはおいしい

    ってことです。

    最後に出てきたシメのスープです。

    豚肉のスープですね。

    これがまたシメにちょうど良く。

    コショウが大分効いていたスープでした。

    骨付付きでダシも大分出ていた料理でした。

    まとめ

    今回、ホテルの上にあったプールサイドで頂く晩餐について話しました。

    東南アジアと行っても映画で見るようなプールサイドや海辺のキレイなレストランって中々見つけられないんですよね。

    今回は非常に運が良くこんな雰囲気ある場所で食事ができました。

    ホテルもかなり綺麗なところで、周辺にショッピングモール等見どころがかなりあるので、こちらの方も訪れてみてください。

    ホテルジェンタングリンシンガポール(HOTEL JEN By Shangri La):https://www.hoteljen.com/jp/singapore/tanglin/

    では、この辺で。

    でわでわ。