1番有名な中華料理屋?シンガポール初上陸|シンガポール旅行記2019

2020年6月28日シンガポール, チャンギ, チャンギ空港, ペーパーチキン, ホテル

    みなさん、こんにちは。

    2020年も仕事が始まりました、PQTomです。

    昨日から2020年仕事始めの方が多いのではないでしょうか。

    かくゆう私も昨日から仕事始めでした。

    やっぱり仕事始めで1番辛かったことは朝起きることでした。

    なんせ、年末年始、ずっと風邪をひいていましたので。。。自分に甘くなってましたね。

    また気を引き締めていこうと思います!!

    さて、今回ですが、

    ずっと前からやろうとしていた

    シンガポール旅行記

    をついに書いていこうと思います。

    昨年の11月にシンガポールへ行ってまいりました。(かなり前ですね笑笑)

    微かな記憶を頼りに皆様にお届けして行きます。

    今回はその1発目です!

    では早速〜やっていこう〜

    シンガポール到着

    東京・羽田空港を出発してシンガポール・チャンギ空港に到着。

    まず、

    空港華やかですねー!

    中華系な感じが漂っています。

    まったく下調べもせずに来たので、シンガポールが中華系だってこと自体知らず、衝撃です。

    タクシーでホテルへ

    チャンギ空港からホテルまではタクシーで移動。(来たことない国なのでさすがにまだ電車には乗りませんでした。乗れませんでした。)

    今回宿泊したホテルがこちら。

    リトルインディアにあるホテルです。

    ところでリトルインディアって、もはやインドか!?ってくらいインドですね。(後にお話しします。)

    部屋は、

    クインサイズベッドにシャワー付き浴槽なし

    でした。

    中々リッチな気分でしたが、

    価格は他のホテルと比較してもそこまで高価ではありませんでした。

    ただ、他の東南アジアの国々と比較すると、やはりシンガポールはかなり高いと思いました。

    ちょっと実際に比較してみましょう!

    今回は割とどこにでもあるThe Westinというホテルを例にとって比較してみます。

    PQTom独自調査(批判は受け付けません笑)

    The Westin:https://westin.marriott.com/

    シンガポール 35,636円
    マレーシア 18,219円
    タイ(バンコク) 18,219円
    日本(東京) 39,766円
    インドネシア(バリ) 19,736円

     

    いかがでしょうか。

    もちろんここに書いた他にもたくさんあり、

    リゾートってところはやはり飛び抜けて高いところもありました。

    値段比較を行うとしたら、表にしたあたりになるかと思います。

    東京が高いのはしょうがないとして、東南アジアの中ではやはりシンガポールは高いです。

    すぐとなりのマレーシアでは値段がだいぶ変わりましたからね。

    シンガポールで1番有名な中華料理屋!?

    午後7時、お腹も空いたので、晩ご飯へ。

    今夜のお店はこちら。

    HILLMAN RESTAURANT

    中華料理屋?です。

    知人の紹介で訪れました。

    その方曰く、

    シンガポールで1番有名な中華料理屋だとか。

    確かに周りを見てもこの店だけ行列ができてました。

    1番オススメされた料理がこちら!

    チキンです。

    ただのチキンではなく紙で巻かれたチキンです。

    そう

    ペーパーチキン

    です。

    鶏肉を紙で巻いたまま油で揚げたものだそうで。

    一つがそんなに大きくなく、

    ワンコそば感覚でどんどん食べれました笑笑

    注意ですが、

    紙は食べれません笑笑

    中のチキンだけを食べます。

    骨もなく食べやすかったですね。本当に。

    まとめ

    今回からシンガポール旅行記を開始しました。

    今回紹介したこのHILLMAN RESTAURANTは何やら姉妹店がもう1店舗あるようで。(シンガポール内ですが)

    そちらでもペーパーチキンを提供しているみたいなので、シンガポールに立ち寄った際は是非。

    では、この辺で。

    でわでわ。