QGIS: マッピングになぜQGISを使用しない?QGISを使って簡単に日本地図の作成

みなさん、こんにちは。
周りの誰も知らないソフトウェアを使用する時、ちょっと勝ち誇った気分になるPQTomです。
日常で誰も使用しないアプリケーションやソフトウェアって、いろいろな理由があって使われていないわけで。
使う必要がなかったり、誰にも知られていなかったり、もうよりよい製品が広まっていたりなどなど。
世の中、知らないだけで、たくさんのアプリケーションが開発され、公開されています。
その中で、良いものを今回見つけました。
それが、

QGIS

です。
今回はこのアプリケーションについて話していこうかと思います。

GISとは

まず、GISについて紹介しようと思います。
GISとは

Geographic Information System

の略で日本語だと

地理情報システム

というものです。
日本が出している定義だと

地理的位置を手がかりに、位置に関する情報を持ったデータ(空間データ)を総合的に管理・加工し、視覚的に表示し、高度な分析や迅速な判断を可能にする技術である。[1]

ということです・・・?
どういうこと?
ちょっと難しい言葉ばかりでわかりづらい気がする。。。
私的に解釈すると

いろいろな情報を地図上に表示してどこがどうなっているかわかりやすくしよう

ってことだと思っています。

GISを使用する利点

GISを使用すると良いことって何があるのか。

一目で情報がわかる

・口で説明するより楽

・新たな発見がある

ってことですかね。

一目で情報がわかる

いろいろなデータを持って、プレゼンを人前ですることってあると思います。
しかし、文字ばかりのプレゼンを見て、何これ?ってなったりすることありません?
文字で情報を認識することってかなり難しいと思います。
それよりも絵で表現した方が認識しやすいものです。
例えるなら、文字だけの本より、漫画の方が楽しくイメージしやすいって感じですかね。

口で説明するより楽

情報は口で説明するより、画像を見せた方が明らかに楽です。
聞いている方も、聞くより見る方が楽です。(人によるか)
どこがどうなってるってことを言われても、イメージしづらくないですか?
それなら、情報別に色塗ってある日本地図出した方がわかりやすくないですか?

新たな発見がある

図にするとわかることがあると思います。(たぶん)

QGISをなぜ使わない?

QGISとは

GISの説明は終了したのでQGISについて話していこうと思います。
QGISとは

Quantum GIS

の略です。
GISを簡単に使用するために開発されたアプリケーションです。

QGISを使用する利点

なぜQGISを使用するのか。
理由としてはなにより

簡単

だからです。
位置情報のあるデータであればすぐ可視化することができます。

普通であれば位置情報のあるデータを読み込むために

プログラムを書く

ですが、その必要もありません。
プログラミングが得意でない人にとっては最高ですね。
プログラミングが得意な人にとっても、時間短縮のために使用できるアプリケーションであると思います。

QGISを使ってみる

では実際にQGISを使用していきましょう。

QGISのダウンロード

まずQGISのダウンロードを行います。

https://www.qgis.org/ja/site/

このページからダウンロード可能です

位置情報のあるデータの取得

では、可視化する情報を手に入れましょう。

今回使用するのは

国土数値情報の行政区域データ

です。

http://nlftp.mlit.go.jp/ksj/gml/datalist/KsjTmplt-N03-v2_3.html

ここで日本全国のデータをダウンロードできます。
このデータは日本の地図のデータです。
可視化すると日本地図になります(すごいですね)

情報の表示

ベクターレイヤの追加を選択

ベクターレイヤの追加を選択します。
このアイコンです。

データの選択

そしたら、先ほどダウンロードしたデータを選択します。
国土数値情報でダウンロードするといくつかの種類のファイルが付いてくると思います。
その中の

Shpファイル

ですね。

可視化完了

追加すると地図が表示されると思います。

こんな感じですね。
色が違う場合がありますが、設定で変えられるのでいろいろ試してみてください。

まとめ

今回、QGISを使用して日本地図を表示してみました。
頭使って時間かけてプログラミングするより、既存のアプリケーションを使用して、時間短縮した方がよくないですか。
簡単に日本地図表示ができ、ここからいろんなデータをこの地図上に表示できるので、とても便利です。
ぜひ、一度使用してみてください。

では今日はこのへんで。

でわでわ。

参考資料

[1]. GISとは・・・, http://www.gsi.go.jp/GIS/whatisgis.html, 国土交通省国土地理院

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログ 学生トラベラーへにほんブログ村 にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村 にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。